馬犬子育て日記 part2

大好きな馬・犬と家族の日記
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ Health
CATEGORY ≫ Health
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ヒート4歳前期

6/25 舐めることが頻繁に
陰部と乳首のふくらみを確認
スポンサーサイト

胃捻転??

横須賀の前日でした。
いつものように 朝散歩でボール投げをしていたら 突然 Maco が気持ち悪げに。
ガツガツ草を食べだし シャックリのような 動作を 同じ感覚でします。
まさかと思って慌てて 家に帰り 様子を見たけど 胃捻転ならもっとお腹が膨らむはず
でも 苦しそうにして眠れず 昼にはフードを吐きました。
それをガッついたので 草だけ除けるのが精一杯。
その後 少し寝ましたが やっぱり 起きると 気持ち悪そうな症状で 今度はドロドロになった
フードを吐きました。
こんな状態では 翌日の競技会欠席だし 心配だし、以前からチェックしていた 横浜の救急病院
勤務医だった先生が開院された動物病院へ夕方一番に駆け込みました。
シャックリのような症状は 吐いたせいかなくなっていて 動画を取れば良かったのにと言われ反省
そしてレントゲンを撮ってもらうと お腹いっぱいにガスが充満
胃捻転の心配は すぐに初見でないと言われたのですが、 そこでガスより問題が発生
胃に異物の陰が・・・1cm台の細長い固い物
全く覚えがないし、食べ物じゃないものを拾い食いするタイプではありません。
1週間様子を見ましょうと言われました。
そして 吐き気止めなどの皮下点滴をして終了。
随分 楽になったようで 帰宅後 少しオナラも出て 眠りました。
翌日の早朝も 大丈夫そうだったので 横須賀へ

日曜日の朝の散歩にて やっと出た P○○の中に 怪しい異物が・・・形は細長く1cmぐらいの石?
炭?ティッシュで拭いていたらパキッと折れました。
ラップに包んで 保管
この1週間 Maco の P○○を点検した毎日
本日 レントゲン 異物はなくなっていました。
物も コレ先生曰く 石 でしょうとのこと 安心しました~
と思ったら 先生が それよりコレが気になりますと・・・またか~ Σ(゚д゚|||)
腸の中に小さな小さな粒が何粒か散って存在しています。
大きいもので2mm もっと小さいけど・・・

あ、 きっと 昨日のレッスンで 落としたオヤツやボールを拾ったりする時に口に入った砂粒です。
先生 納得 それでしょうと
この程度は出るので全く問題ないでしょうと言われましたが、小さい犬であればあるほど
問題になる時があるそうです。
アジのレッスンフィールドは砂 小さいワンコは特に気をつけましょうね

ホッとしました。

世話焼かせるヤツだぜ
2015112001.jpg

あたいのこと?
2015112002.jpg

乗れと言ったら3つの切り株に こういう配置になった
Ken が強いのね(2つ独占で楽ちん)
2015112003.jpg

さすが Maco この小さな切り株の上に座れるのは 猫並み
2015112004.jpg

キラキラお目目
2015112006.jpg

保護色 Ken そろそろ笑顔を引き出すのが難しい季節
2015112007.jpg

美人になったね
お腹も大丈夫だったし
さて そろそろ 西に向かいますか
2015112008.jpg

整体見学

10月半ばの話ですが
Ken 時代の友人(馬友でもある) イヴママに紹介してもらった オーストラリアの馬の整体師さん
オーストラリア政府公認動物整体師で オリンピックオーストラリア馬術チームと仕事もしていた方

私自身 去年 犬護舎の研修コースを終えて 自分の犬と 他のお客様の犬を触る機会があったけれど
整体(カイロプラクティック)については アメリカやオーストラリアでは大学で勉強して国家資格を
受けないと施術ができない分野
骨を直接 動かすので とても興味があったので見学させてもらうことに。

今回は お父さんのロバートさんではなく 息子さんのダンさん イケメンお兄さんです。
午前中は 美浦のトレセンで馬の施術をして 都内に入ったそうで 私が見学したのは夕方から。
息子の彼の方が念入りに診るので どんどん時間が遅れて 最後の方は深夜になったのでは?

顎関節 頚椎 仙骨 骨盤 の歪み 筋肉の様子を診断して 損傷や痛みについての説明
その後 歪みを治します。
説明は 大体 同じような一応 勉強していた私でわかる内容で納得
実際の 歪みの治し方は やっぱり 素人では怖すぎる感じでした。
人と同じような感じだけどね。

来年 再度来日したときは 2匹 診てもらうつもり。
Maco は1歳頃 一度 アメリカ人の人のカイロプラクティックの博士号をもっている方に
診てもらった時は 歪みなしでした。

写真は 偶然久しぶりに会った お友達
仙骨の歪みがひどく 背中にも問題があったので、その部分を的確に施術するために
あえてハンマー(ゴムと木ね)が出てきました。
私は 馬で見慣れていたけど お友達は一瞬悲鳴をあげました。
そりゃあ ビビルよね。
11226002_1704034296495798_2276607952896613805_n.jpg

11219726_1704034299829131_6921919033415789008_n.jpg

一つのハンマーを局所に当てて そのハンマーを もう一つのハンマーでコンッっと優しく
叩いて補正していました。馬はゴンッだけど。

数日後 話を聞くと 以前より改善が見られたそうです。

もう一人久しぶりにあった ダルメシアンのお友達
高齢で 急に立てなくなった子を あまり期待もしないで 連れて行くと 説明無しに施術して
歪みを治してもらった途端 すぐに立ったそうです。
奇跡ではなく、その歪みが原因で 色々な場所が邪魔をして立てなかったのだということです。

歪みから来る 筋肉や腱のケアは こちらのやり方やマッサージなどでリハビリができそうでした。

とても勉強になったわー

ケア研究会2015年9月

練習会の翌日 車検に車を出し 代車で ケアの講習会に遅刻して参加

今持っている臨床例を出して 意見交換しました。

より良くするにはどうすべきか?

またまた とても勉強になったぁ

内容については 後日 Terra の方にアップしたいと思います

研究会後 若者が練習してるのを背後に
2015092703.jpg

頑張ってるみたいだね
2015092702.jpg

そして 中秋の名月 翌日のスーパームーンも撮ったけど 望遠にすると一緒だった (。-_-。)
2015092701.jpg

乳腺腫瘍

7月?8月?papa が Maco のお腹を触っていて発見した3~5mmぐらいの堅くて豆粒のようなしこり
左の後ろから2番目と3番目の乳首の間にありました。
しばらく様子を見ても 特に大きくなる様子はありませんでしたが、乳腺腫瘍 自体が 傷みもなく
そういう物もあると調べれば調べるほど不安になってきました。
大抵 高齢になって発症とはいえ Maco 色々不思議ちゃんなので 念のため 腫瘍専門医の H1先生に
診ていただくことにしました。
この時 ついでに JAHD の検査結果とレントゲン写真も持って 整形外科専門医の H2先生にも改めて
診断してもらうことに。

9/7 (月) T病院へ

最初に呼ばれたのは 整形
FCI B判定ながら 数値は低く、様子を見ても とても良い状態で心配することはないでしょうと太鼓判
頂きました ヾ(o´∀`o)ノ
交配についても 細さや骨盤の大きさは関係なく、スポーツドッグ特有の筋肉質で細い体になっている
だけと言われました。

次は しこり。おへそと間違っていて欲しいという願いはむなしく おへその正しい位置を教えていただき
その横のしこりは 石灰化したものか? 腫瘍か? 針生検査でまず みてもらうことに。

結果 残念ながら 腫瘍の様子 
次にできることは パンチ生検で組織を病理組織検査に出してもう少し詳しく調べること 
もちろんお願いしました。

局部麻酔を打ち 麻酔が効くまで待機
そしてパンチ生検 + 縫う事2針 後 現れた Maco
ウェスト細ーい
201509070301.jpg

止血用のバンドは帰宅後はずしてよいとのことだったので 代わりに舐めないように服着用
メンタルどうかと心配したけど 今のところ 全くいつもと変わらず。
傷口を1日2回 ヒビテン消毒 と 抗生剤が5日間出ました。

不安でいっぱいの私を病院まで連れて行ってくれた上にずっと長時間一緒にいてくれたリードママ
本当に有難う

Maco ほとんど寝てなかったので 帰宅後ねむねむ
2015090701.jpg

お疲れ よく頑張ったね
後は 結果を待って 考えよう
2015090711.jpg

記録の為に 患部写真
お腹の消毒 全然嫌がらないからホッとしました
2015090704.jpg

2015090705.jpg

----------その後の続き-----------

先生によれば アジも普通にして良いとの話だったので レッスンもしたし ボール投げもいつも通り

1週間後の9/14 (月) 散歩中に先生から結果のお電話がありました。
良性でした (^∇^)ノ 本当にホッとしました。
家族にも実家にも連絡してみんな一安心。

週末 遠征があったので 抜糸は帰宅してからの 9/24 (木)先生のお話によれば
 ・組織をしっかり取って検査に出したので 100%とは言えなくとも 良性である確率は高い
 ・乳腺腫瘍は 避妊していない雌犬には 発症が比較的多く 遺伝性ではないこと
 ・避妊も1回目のヒート前でないと効果が薄いこと
 ・今後 経過観察によって 大きくなったら摘出手術の可能性あり (乳首が一つ減る程度)

今後の犬生について考え直してあげないといけないと覚悟を決めていたのですが 本当に良かった。
Maco これからも楽しもうね

抜糸後 きれいなお腹
20150924.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。