馬犬子育て日記 part2

大好きな馬・犬と家族の日記
2014年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年06月
ARCHIVE ≫ 2014年06月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2014年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

久々のロング散歩

Ken-G が年を取って まったり散歩の時は たくさん鳥を撮る余裕があったんだけど
Maco が来てからさすがに そんな余裕はなくなった。

スマホも写真優先で選んで Xperia はなかなか頑張っているけど やっぱり遠いのは無理

昔シャッターボタンが壊れて修理すればいいよとお古で OTO にもらった Cyber-shot
本体は軽くて小さいし、望遠レンズをつけてもらったので ちょっと魅力的
やっと奮起して調べると 修理だけで16000円 とボタン1つに悩めるお値段
そこで カメラ本体だけ中古で探すと展示品でとってもお安く買えました

望遠レンズを付けカメラをリュックに入れて 雨上がりのロング散歩へ出発

小山の中にて
201406291.jpg

201406292.jpg

黒犬なのに 何も設定していないのにキレイに写る
逆に近くが取れなくて 離れないといけないのが 何とも言えない?
ぜいたくか・・・

ゴルフ場横からは新宿が見下ろせます めいっぱいズームするとここまで
201406293.jpg

小休憩中
201406295.jpg

総合グラウンドを1周して 下の広場でひと遊び
この後 親水公園に戻ると 週末なのでチョウゲンボウファンが大量
ちょうど幼鳥が巣立つ前でにぎやか そして幼鳥たちが巣から出てご飯待ち状態
でシャッターチャンスなのです。

どれどれ肉眼ではいつも見ているが 上手に撮れるかな?

立派な太股ですね
201406296.jpg

民家の屋根
201406297.jpg

そんな細い竹の枝にとまっちゃうと・・・
201406298.jpg

ほらほら風に揺られて不安定
201406299.jpg

こちらは駐車場横に降りちゃった幼鳥
羽の間にまだ産毛がのぞいています
2014062910.jpg

角度を変えて 凛々しい猛禽類の顔だけど頭の上の産毛がカワイイ
2014062911.jpg

カワセミは見たけどシャッターチャンスは逃しました。
カメラのお陰で カワセミちゃんもいずれ撮れそうです
こりゃあ楽しみになってきました。

この後 大好きな川や池へドボンと体を冷やしてご満悦の Maco
体が冷えたので ベロ出さずに ボール待ちの Maco 
ボール忘れたの ごめん
2014062912.jpg
スポンサーサイト

ST西日本

我が家のシーズン最後の競技会です。
雨かカンカン照りか危ぶまれましたが、予報では弱い雨で Maco には良さそう
土曜日の朝 papa を早朝ゴルフに送り、その後ゆっくり家事を片付け 軽く昼寝
ちょうど papa も N も外で食事予定が入っていたので 私もシャワーを浴びて
寝るだけの状態にして夕方出発。
道も順調 刈谷でみんなと合流 車中泊

会場は 傘をさすほどではない雨で涼しい。
ちょっとハプニングがあって 先生と一緒のタープにみんなでお邪魔することに。
下はドロドロに全くならない草で 駐車場はアスファルト
訓練が駐車場側だったので 少し歩いたけど それ以外はなかなか快適

1リンクで全部1度
2リンク 3リンクで2度 それが終わってから3度の進行
先生は同時進行だから頼れない

AG2 頭を使わなくてすむボーナスコース
一つだけ悩む所が・・・
無理にお願いして タープで一緒だった 3度ボーダーパパさんに相談する始末
そこは シーソー → 短い直トン → 左にずれて真っすぐ3本ゴール
直トンの後 ミニでギリギリ間に合うか間に合わないか
ミニだったら ひいてそのまま左も走れるけど Maco 直トン伸びるから フロントして
右を走りたい。

・シーソーで離れてトンネルの先でフロントするか?
・直トン押さずに 引いてバックスイッチか?

20140622f.png
ラージの見立てもどちらかでしょうということになり、シーソー待てるし
私はフロントを選択
さて結果は?


どうよどうよ 間に合ったでしょ?
ところがゴールでお友達が「惜しかったね~手上がっちゃったね」
すごぉく ガックリ
先生も厳しく取られましたね~と慰めの言葉
そこはジャッジからチェックされている所と見切れていたところ。
だからこそ キチンと攻略できないといけなかったのです。
先生からは 離れられるのだから あと1m離れるべきでした と言われました。
Kentaro の負の遺産から 直トン 見守りすぎ。

頭数がとても少なかったので JP2 もすぐに開始

スラ入りぐらいか?
特別難しくない気がする

ところが まだマスターしきっていない事を挑戦してみたくなった私
ラージが滑りまくっていた 1、2を大してやったこともない 手出しスタート
先生に直前に聞いたけど ほとんど理解できないまま???(反対だったらしいし
そして理解できていない Maco が2番逆飛び それで終わっちゃったよ

最後まで走れるので その後も挑戦
アレー 逆に回っちゃうし・・・
最後のケチカもやっぱりハードルに近くて小さく回ってない。

ハンドリング反省満載の走りとなりました。


神様が 2度を自信もって きちんと走れるコンビじゃないのだから
もっと修行せい と言っています。

草が濡れて ラージは犬もよく滑っていました。
ミニミディアムは平気 人が時々ツルンと滑っていました。
Maco はハードルに対しては とても綺麗に上手に飛んでくれたし、スタートも
足の間スタートできたし タッチも良かった 良い子だぁ
2歳前に2度に上がれたのは 速かったけど 見合う理解が出来ていたと思います。
でもまだ3度に上がるには 人も犬も勉強不足です。
2度で出来ないことを一つ一つ克服していかないと。

拒絶がついた AG2 はポイントカードがない悲しい4位入賞。
帰りも遠距離なので リボンを頂いて先に帰らせてもらいました。

夏は 無理させない程度に 小さな練習を重ねて 自信を増やしていきたいな。
宿題はたっぷりある。
Maco にはもっとアジもオビも好きになってもらいたい。
障害間のスピードをもっと上げたいし、シーソーの速度も上げたい
ターンも上手になりたいし。
Maco にも理解させないといけない。
暑さが苦手なコンビだから 短時間でね。

アジリティとオビディエンス

週末の練習会の時 タープ内で少し出た話

競技会で 走っていたある子の話
ハンドラーさんは強制訓練バリバリの方。
若い子でアジを本格的に始めたのでした。
ゴールした後 楽しそうに ハンドラーと一緒にワーイっ てしているのではなく
上向きの目でビクビク伺う様子。
あの性格 あの犬種の子にしては 強いオビ入れ過ぎなんじゃないかな?
と心配されていました。
リンクサイドで落ち着かない挙動不審に見えるのをガツンとやってアイコンタクト
無理矢理 取っても・・・

1度の最初の頃だったら 初めての会場で 楽しそうに走ってくれたら
それもハンドラーに注意を向けてくれているなら すごく良い子でべた褒めじゃないかな。
後につながる走りが大事な若い子に完璧を求める時期じゃないかも。

お友達のワンコ
神経質でシャイな犬種。
慣れた場所で走るのは大好きで平気だけど、競技会場になると極度の緊張恐怖状態
になる子
ママは 少しずつ少しずつ時間をかけて会場に慣らして良いイメージ 楽しいね 平気だね
と植えつけるように頑張っていて 成果が見えてきています。

最初から アジが大好きでたまらない犬もいる。
そして そうじゃない子もいる。

アジが嫌いで怖がりやシャイな子の場合でも オビを強く入れた子は CR できる子に
育てられるでしょう。
でもその場合 意欲は?そして速さは?
オビでそこまで追求できるなら そっちも追求できたらもっと良い方向に向かうだろうに。
そしてハンドラーも楽しくなるだろうに。

アジリティ は 最終的に速さも必要なので いかに高いテンションで動きを
コントロールするか?の追求になる為
世界レベルだと まず 犬がハイクオリティーの動き 高いテンションを持つ個体であること
それを高度な技術でコントロールする。

K先生のコナン君 ハイテンションなのに すごくコントロールが効いている。
若いのに集中力抜群 ギアチェンジもすごいです。
2度昇格したこの後 すさまじい勢いで上がっていきそうです。
さすがプロでございます。

私達アマチュアエンジョイアジラーの場合は、そういう基準で愛犬を選ばない
場合がほとんど。
うちの最低基準は 顔モジャで できるだけ美顔(?)
ボーダーには絶対いないね。

うちは オビはそこまでやっていない という飼い主さんも多いアジリティ
ですが、もちろんアジオビは入れていないと CR も大変。
案外 そう言っている人ほど マナーも良いワンコに育てています

クラブでは待っている時はケージに入れ 吠えていたら注意されます。
レッスンも最初はアジオビ教室から始まり 先生の合格ラインに達すれば
初級1クラスに上がり、アジの基礎開始です。
先生のアドバイスの間 伏せて待たせてください と言われる事も多々あり

(CDX OBⅠ取得の Ken はアジになるとアホになるのでダメ

Maco に最低アジオビレベル教えといて良かったと思ったものです。

Maco 一応 牧羊犬ですが、イケイケが多いボーダーコリーとは全く違い
性格的には「イヤ 怖い」「なんかやりたくない」シグナルの時
「それでもやりなさいっ」と言ってさせられる個性ではありませんでした。
私と何かする事が楽しくてたまらない を刷り込むのに まだまだまだまだ
かかりそうです。
2度までスムースに上がったのも コントロールできる速さ(テンション)だったから。
そして今 ハンドラーがハンドリングに おたおた し始めたので、気をつけないと
「アジなんてそんなに好きじゃないのよね あたし」犬に逆戻りです。
夏だからこそ そんな状況でも 楽しい を刷り込むべく 頑張ろうと思います。

訓練競技会は 馬塲馬術に似ています。
それぞれの課目を高得点を取れる演技を追求する。
これも 道具や逃げたいという気持ちを追い込んだ前進気勢を 強い道具で
コントロールするのではなく
理想は リラックスした前進気勢を自然に持つように調教(練習)して 乗り手の扶助
(ハンドリング)に応えられる冷静さを持たせる。

元々 明るい性格で人と何かするのが楽しくてたまらない という子は多少強く言っても
めげず、理想的かもしれません。
それに+多少 繊細さも備わっていれば 競技会的には細かい動きも教えられるので
良いかも。

そうじゃない子は?
色々な場所や状況で ハンドラーに集中できるようにすること
何するの?何するの?って嬉しそうにハンドラーを見るような
そして どうすれば愛犬をそういう状態にできるか ON OFF ボタンを
ハンドラーが見極め作れれば・・・

Maco まだまだです。
が 少~しずつ 進歩していると思います。
後退もしょっちゅうだけどね。

Kentaro は 「オレ様が好きなことしかしない」 という 徹底した我が道をいくテリア
私に褒められるのが嬉しくてたまらない なんて姿見たことないです。
その代わり 指示=ご褒美(Kenの場合は常に食べ物)を 10年以上刷り込んだつもり。
これが良いとも悪いともいえないのですが・・・

オビは訓練士さんについていないので、アラだらけでも試験だけは受験してきました。
Ken の訓練は ほぼトリック域
そういうレベルでも合格はできるということです。(競技会はムリ)

 注)早くきちんと入れたい人は訓練士さんにつきましょう!

お陰さまで この通り長い長い時間がかかりましたが 10年以上たって いまさら意欲が
ついてきたので 細かい修正を入れても やりたくない病に陥ることがなくなってきました。
ボケ防止に良さそうなので 続けるぞ

あ~支離滅裂
子育て同様 犬育ても然り 馬育ても然り 百種百様 それに合わせて百の方法があります。
ごくごくアマチュアの個人的な言葉なので 悪しからず

牧場で産まれた バンビちゃん
205724489_624.jpg

205724512_624.jpg

スーパーの外で papa を待つ練習
205724451_624.jpg

悪いのは 全部 mama のせいなの
Maco は 元々良い子なの
今日は涼しかったから レッスン 楽しく走ってあげたの
205724571_624.jpg

L練習会④

予想通り 暑い日になりました。
前日と違い 風もなくて 本当に暑い

ken-G と暑さに弱い Maco
ケージ内に保冷剤を敷き 扇風機を朝から回し プールで水に濡らし万全の対処。

AG2
大失敗だった事
最初1回目の走りだけ オモチャで GO

スタートのスピードがない
タイミングが全く合わず 先行しすぎて シーソー降りてこないし
スラも遅いし スピードを合わせて もたもた走っていると トンネルもエアーのはずが
結局 バックスイッチで入れ その後 アウトエアー2連発 エアーと3連発のはずが
テンポが合わずバッティングして私(わたくし)転倒しましたの
散々な走りでした

リトライは もちろん いつものオヤツに変更
テンポを考えて走り 少しはマシだった
暑い時期のオモチャランはやめようかなぁ
でも走った後にオモチャに食いつくのは食いつくのよね。
それも怒り狂ったように。

もっと暑くなった JP2
私の頭がぼわぁっとなって 頭数も少なく あっという間に出番
Maco のスピードは再びガタ落ち
私も集中しきれず 最後どこだっけ状態に

リトライでは ケチカ満載 最後の体の向きが悪くて トンネルドボン
だったけど 良い練習になりました。
まだ1歩2歩バーに近すぎるのがビデオでよくわかる

お粗末過ぎたので とりあえず リトライ動画のみ


Maco は4走とも あのコンディションで良く走ったと思う。
去年だったら 逃げるような行動やシグナルを出していたと思う。
というか去年は まだ クラブに来たばかりで この練習会に出てなかったけど

この日は 私のコンディションも良いとは言えない日だった
こういう時でも いつでも 最低4本ぐらい集中しきれるように したいものです。
その時その時の Maco のリズムに臨機応変に対処できるようになれるのか?
バーに近すぎる癖を直して 距離感をモノにしたい。

本日の方達 皆さん さすがに素晴らしくハンドリングがお上手で
う~ん うまくなりたいハンドリング
なかなか そうはいかないハンドリング

暑い中 ダイズパパ タラちゃんママ タープ入れて頂いて有難うございました。
とっても助かりました。
ママ体調崩してしまったのにパパに最後までビデオ撮影して頂いちゃって
ごめんなさい。

夏仕様

週末30度越えとの予報に Kentaro を夏仕様のトリミング
一回り小さくなってスッキリ
Maco もアンダーを取ろうと頑張ったけど 普段毎日のように
スリッカーをかけているからか?(毎日スリッカーいっぱい取れる)
ほとんど取れなかった。

G 元気な時は元気だけど 他の行動が本当にGGーだし
先週 見えるところだけ歯石取ったけど 相変わらず口臭いし・・・
やっぱり年を取っているので心配。

若い頃 真っ黒に近い顔でした。
体はレッドブリンドルだけど 少しサンドがかって見えます。
トリミングすると耳先と足先が黒く見えます。
うん 見かけだけでも 若返った
205479811_624.jpg

みんな頑張ってるかなぁ
今日はオープン、1、2度の練習会
我が家は papa が早朝からゴルフに車ででかけているので
明日の2、3度の練習会に参加予定
明日も暑そうでイヤだなぁ

昨晩は papa 昼から大阪へ出張 その後 夜11時半に新横浜に迎えに行き
12時半前に帰宅。
3時半には起きて4時出発のゴルフ
大丈夫かなぁ
本人新幹線で3時間×2+夜3時間=9時間寝たから大丈夫だと言っていたけど
好きなことだと大丈夫なんでしょうね。
アジラーも然り
4時過ぎに Nが夜遊びから帰宅
papa も13時半に帰宅
なんか私も良く寝ていないので今から明日に備えて昼寝だな。

朝涼しいうちに2匹同時散歩

スッキリ Ken-G のうちに2匹写真撮っとこ

2歳2ヶ月と12歳3ヶ月
205479884_624.jpg

205480005_624.jpg

205480025_624.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。