馬犬子育て日記 part2

大好きな馬・犬と家族の日記
2014年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年09月
ARCHIVE ≫ 2014年09月
      

≪ 前月 |  2014年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ルクセンブルク旅行記 2日目

20時頃でもまだ少し明るかったけど 朝6時はもちろん真っ暗

2014年 AWC の競技はこの日から開始
午前中は各国の公開練習 14時半から開会式 16時からチームラージJP

競技会場の d'Coque はNational Sports and Culture Centre だけあって 素晴らしかった
さながら代々木体育館 隣に辰巳国際プールそして 昭和記念公園がくっついてる感じ?
公園もとても広く 奥にはキャンプ場もあって そこに滞在している人も多くいました。

早朝の d'Coque
DSC_0191.jpg

Dudelange の町から会場まで車で20分ぐらいだけど 初日なので早めに出ました。
でも6時半過ぎには着いたかな。
ところが開場が7時 少し待っていると 入場扉の横にバンが到着
ここで通しのチケットを購入しました。
移動入場券売り場便利だね
11日のカラーの紙のバンドを腕に巻いて入場。
観客席はさすがにまばら。

日本の席に行って 皆さんに挨拶後、特にお手伝い等もなさそうなので
公開練習を見に近くまで行きました。
テーブルがあります。 普段練習していない様子の子もいました。
ここで できても スピードがのった本番では色々ハプニングが・・・

写真 本当にビックリ よく考えたら JAPAN 誰も撮ってなかった (・・;)
だって誰か撮ってるでしょ ってことにしてください。
今 書いてて本当に気づいてビックリよ。 ごめんなさぁい <(_ _)>
目的が犬だけに それも自分の好みに特化した犬だけになってるので
写真はそれしかないです。

はい まずは日本の次の練習に現れた イギリス ナターシャのミディアムボーダーDizzy
ミディアムサイズだけど 体はしっかりしています
DSC03489.jpg

インギー友達のリクエストから 同じくイギリスの Juice
DSC03492.jpg

インギー?と思ったら Nova Scotia Duck Tolling Retriever ミディアムサイズいるんだ (@_@)
私がスパニエル好きだったら 間違いなくこの子みたいな子がタイプ
20140911 - 4

ポーランドの兄弟犬はみんな可愛い ハンドラーもすごいけど。
DSC03506.jpg

DSC03511.jpg

エストニアの Echo
DSC03513.jpg

スペインの Al,ma も今年9歳 父ちゃんと一緒の犬舎です
DSC03513b.jpg

耳付きはこんなに高くない Maco だけど こういう感じに白くなっていくんだろうなぁ
DSC03519.jpg

同じくスペイン代表 ウェルシュテリア の Menta この子10歳
よし個人でたっぷり見ようと思ったら この子はチームのみのエントリー
国によっては それぞれ5頭以上出していますが、個人戦は 3頭なのでチーム戦のみの子が複数いるということです。
DSC03513w.jpg

話はそれるけど スペイン ミディアム代表 ブラジリアンテリアのハンドラーのベリーショートのお姉さんが
とても綺麗な中性的な魅力の人で 通り過ぎると 思わず見とれちゃう人でしたぁ

カナダの黒インギー Epic
DSC03523.jpg

目の前で見れて これだけで興奮
シルビアは La は公開練習出さず、ボーダー2頭に Le で大忙し。
すごい勢いで3頭練習して帰っていきました はぁ~

公開練習は昼に終わり、14:30 の開会式までの時間を使い 近くの大きなショッピングモールに
買出しにでかけました。
キレイで大きい もっと時間があれば たっぷりまわれたのに あっという間に時間が迫る
今度こそ Free SIM と思っていたけど 他のお店に寄る暇なく この日の夜ご飯と朝ご飯 その他
お土産にするような食べ物を調達

惣菜の所でパエリアを購入 少な目ねと言ったけど すごく大きい入れ物に 重そうな大きな鶏肉
の塊をドンと入れてくれた。それは嬉しかったけど 量多いよ 減らしてと言ったらお肉を戻しそうに
「あ、あ、それは残して・・・」という問答あり。お兄さん笑いながら戻してくれた (^_-)
以前フランス土産に頂いたことのある エトルキを発見 日本じゃ買えないのよ~
早く帰って食べたぁい!!
ワインは重いし、今 カロリー控えめの誰かさんと飲み干すのはと思って諦める。
DSC_0195.jpg

あまり時間がないなぁと思ったら 目の前に 日本でチェック済みの OBERWISE の支店があるじゃないの。
やったぁ ヽ(^o^)丿

本当は 犬ベグポーズのチョコが欲しかったけど 割れるかもしれないので諦める
お惣菜のキッシュもとても美味しそうだったけど諦める
お土産用に購入しているうちに そろそろ時間が押してきたのでダッシュで会場に戻る
DSC_0197.jpg

開会式
Austria 選手団は最初なので (写真左前) 全員が入場するまで ずっと待つことに。
始まるまで 選手たちは座り込んで 犬達とトリックをしたりして遊んでいた。
もちろん リサとホスも。
DSC_0198.jpg

開会式には Nori Rickenbacher が 「Living for agility」を歌いながら 大会マスコットと登場
DSC03529.jpg
こんな感じね
https://www.youtube.com/watch?v=fLBq0Wj6FMY
こんな状態の中 ここの犬達は平気なんだなぁ と感心しきり

合間を縫って Le のブリーダーさん Silke さんとお話できました。
背の高い 美人で優しく明るい奥様です。
おじいちゃん犬が一緒と盛り上がりました。
子供たちが ちょうど同じ年頃。

この後 16:00~ Team Jumping Large 何時に終わるんだろう??

30カ国参加 日本は14番目
結果については みんなご存知の通り

1番走行のフランス男ばかりチームがすごい気合の走りでトップを守るかと思われましたが
スウェーデン美女軍団が氷のスマートな走りを揃え競り勝つという 私的にはなかなか
痛快な展開でとても面白かったです。

なんといっても日本チーム
CR 3本揃える完璧な走りで フランスに次いで2位に躍り出た時は応援席 大興奮 
特にハラハラドキドキのラスト所長とユキちゃんの走り
真っ青な顔のA先生を前に みんな ど緊張で見守る中 あのランは感動しましたよ~
この日4位 日本のラージ 世界に実力を知らしめました。

今クラブにいるラージもレベル高いもんなぁ 日本すごっと思いましたよ。

大興奮の中 帰宅 パエリアを食べて就寝
翌日は7:30開始なので 集合時間は 6:30 になりました。

そうそう、Free SIM 作戦が無理そうになりましたが、D'Coque 内は WIFIが
使えたので 少しだけリアルタイムで FB にあげられたかな。

スポンサーサイト

ルクセンブルク旅行記 1日目

夏に いぬごや の研修が終わって 開業準備に追われながら あっという間に
楽しみにしていたその日が来ました。

アジ以外の友達は どうしてそこに行くの?と理由を聞いて ビックリ
papa の会社の人は そこだけに行くの??何もないよ とビックリ
家族には(特に実家)にはあきれられましたが、偶然のタイミングにより参加することに
いざ
2014 FCI Agility World Championship in Luxembourg
応援見学ツアーへ

日本代表レベルじゃなくても いいんです。
見て応援するなら誰でも Welcome
ただしもちろん自腹
ふへへ 6月に昔の私の退職金が満期になったのだ。
家族に迷惑かけない自由になるお金がある。
papa の JALマイレージもたまってるし。
クラブから先生とバリバリ現役ツアコン アリスママが行くので とっても安心だし。
ルクセンブルクは経済的にも豊かな国で有名だし。

目の前で二人の会話を耳に挟み、家で papa に打診し、次に偶然 アリスと
一緒のレッスンだったので相談すると その場で チャチャッとホテルを予約
頼みにしていた JALマイレージは使うと とんでもない大回りにしかならず
結局 二人と一緒の飛行機を予約
久しぶりにパスポートを更新し、トントンと進んで後は当日を待つのみ

それから 2ヶ月とうとう出発の日が間近に
予想通り 直前で荷造りにバタバタ

可愛い愛犬たちは 8日夜にシャンプーをして9日API&ROKOK家に預けに行く予定が
なんと ぎりぎりレッスンできることになり、雨上がりのグチャグチャ状態でレッスン
その足で静岡まで 預けに向かいました。
汚い子達を置いていって すんませんでした。
一緒に夕方散歩して 夕飯を食べさせている間に 少し後ろ髪ひかれる思いで
後にしましたが、一番安心できる場所です。

そして 突然 T オフになって帰ってくるし・・・
「早く言いなさいよ。犬預けなくて良かったじゃないの
って 実は T に任すより 静岡のほうが安心。
「オレ、オフで帰ってきた途端に 誰もいないじゃん」
そう 出発の日 実は papa 大阪、 私 ルクセン、 N 富士登山、 犬達 静岡
変な家族だわ~。

当日 ほぼ始発の電車で 大阪出張の papa と一緒に出発
大きなスーツケースを運んでもらい最寄の空港バスへ乗り込みました。
papa は次の羽田行きバスへ 「パイパ~イ 行ってきまぁす!!」

成田には待ち合わせ時間より早く着いたけど 両替もしないと
そうこうしているうちにアリスママも到着。
プロの手によって チェックインを無事済ませ 先生と合流
ここで Nスクールの方達とも合流 機内へ

オランダ スキポールまで11時間半 大好きな映画4本見ました 満喫
一応 アナ雪も見たよ。 うん、泣きはしないな。 子供向けミュージカル?
でも 見といて良かった。
帰国後、この曲たちをクリスマスのアンサンブルに使う羽目になるとは。

先生は 子育てノウハウ本を持ち込んでいましたが・・・読破したのかしら??
ご飯は食べ過ぎないようにセーブして 胃腸薬も飲み万全 後は
途中 カップラーメンの匂いが漂う・・・アリスママ さすが
言わないと出てこない物を GET していました。

スキポールからのトランジットは少し短かったけど ここもアリスママによって
スムーズにみんな通過
小さな飛行機に乗り換えて ルクセンブルクへ 約1時間
青い飛行機ばかり・・・当たり前か
20140910 - 6

ルクセンブルクが見えてきた
20140910 - 5

宿泊先がルクセンブルク市内ではないので、空港内のお店でフリーSIM を
購入予定が お店が2,3件しかない
日本の すごぉく田舎の空港と同じ感じで 小さいし何もありませんでした。
フリーSIM 1日目断念
レンタカー ここでもアリスママ大活躍 彼女が手続き中に先にキーをもらって
レンタカーの駐車場に行く 先生と私 同宿の Nチームの二人
ないない番号がない 歩いて歩いて すごく奥の奥にやっと発見。
ワーゲン ディーゼル マニュアル 数日お世話になりますよ。
20140910 - 4

運転手は先生 そしてここから 少し迷いました。
ん 少し??
まず空港から 海外でよくある 信号のない円のロータリーから わかる表示がない。
何回ぐるぐる回ったかなぁ といっても必死なのは地図を見るアリスママと先生
私達 同宿3人組は邪魔しないようにするのみ。

のんきに写真を撮る後部座席の3人組
20140910 - 8

とはいえ無事 高速に乗って 下りて この町だ!(Dudelange) と喜んだのも束の間
先生とアリスのホテルはすぐ見つかったけど 私達3人組の宿が見つからなぁい
一方通行が多い町をグルグル
でもお陰で可愛い教会の前を何度も通り、町の大体の通りが頭に入ったかも。
20140910+-+9.jpg

警察の前に車を止め 町の人に聞きに行くアリスママ 本当にご苦労様です。
またまた 私達3人は乗ったまま待つのみ。
人影のない警察署
20140910 - 1

Dudelange の市庁舎 窓に赤い花がアクセント
20140910 - 3(1)

無事 宿泊先の Cottage Logis Hôtel に到着
チェックインも わざわざアリスママ付き添いです。
これぐらいは大丈夫と思ったら・・・
な、なんとフランス語しか通じなかった。
Dudelange はルクセンブルク南の町 フランス国境すぐそばの町
慌てふためく3人組でしたが、チェックイン終了。

2人は1階 私は3階 エレベーターないよぉ 大きいスーツケース抱えて階段上る私
隣のスーパーが 20時閉店と受付の可愛いお姉さんに聞いて 私達3人は
荷物を部屋に置き ダッシュでスーパーへ
だって、翌日7:00から公開練習開始 日本チーム3番目7:20~
これに間に合うために6時集合です。
(気合の入る先生 ストップウォッチ持参・・・)

スーパーで 夜ご飯と朝ご飯買っとかなきゃよ
後5分以上ある あれ 自動ドア開かない 中に人いるし明るいしおかしいなぁ
出てくるお客と入れ替わりに入ると お姉さんに ダメダメ ジェスチャー される
え、まだ20時なってない ごはんどうする??
そこに レジに向かう 先生とアリスママ発見!!
「お願いです 私たちの 水とご飯を買ってくだせぇ~ 」 泣きつく私達
先生ダッシュで 戻って 水とお惣菜とバナナを買ってくれました。
ありがたやぁ~

夕食は 2人のお部屋にお邪魔して 先生の買ってくれたお惣菜を分けっこ
22時までは頑張って起きていた方がいいよ とのアリスママのアドバイスを守って就寝
こうして ルクセンブルク1日目の夜は過ぎたのでした。

このまま おのぼりさん かつ アジだけツアーの珍道中 Blog 疲れる人は読み飛ばしてね

小さい秋見つけた 散歩

この子は 若いカワセミ すぐ逃げちゃうのだ
でも川の上の道路から発見したから大きく撮れたのだ
20140903 - 12
途中 2羽飛ぶの見たから 3羽いるのか???

稲穂が重くなってきました。
もうすぐ収穫 新米の季節
20140903 - 15

さっきの子が移動したみたい
これが一番近い距離
20140903 - 17

親水公園歩いて満足気
20140903 - 19

ここでも 集中力の短い お嬢さん
20140903 - 22

Ken-G はがんばるね~
20140903 - 23

この奥に 水が出ている所があります。
G 頭隠して・・・尻 尾 隠さず
20140903 - 24

最近 Maco すごく盛り上がる 斜面ボール投げをタップリした後
上に上がって 給水
Maco はお水をたっぷり体にかけて
乾いて息が落ち着くまで 木陰でクールダウン
ここでケアもしちゃいます

左にはG まったり
20140903 - 28

右には Maco まったり
って もう乾いたんかい
ちなみに 水に入るだろうコースの時は ハーネスはずしてカラーだけに。
だからダブルでついてます。
20140903 - 29

隣の車にカマキリ
2014090401.jpg
このまま 過ごしやすい秋が長ければいいな

お勉強終了

お勉強 終了しました ヽ(^o^)丿

神様が背中を押してくれたのでしょう
色々なタイミングが ちょうど今しかできないよ と言われたようにピッタリ。

馬がらみで Tタッチは昔から知っていました。
繊細な草食動物に対してならでは。
Maco 線が細すぎる子だったら とても有効だったと思う。

Kentaro も Maco も特別 とても悪い所がある犬ではないのですが
シニア期に入った Ken の運動機能に少しずつ問題が見られるように。
アジリティをするときも 元気に 長く走れるように。
Maco も 故障とは縁がなく走っていきたい。

何か自分で できないか?
そこで どっちにしようか悩んだのが マッサージと 腱のケア

マッサージもセルフ講習には行ったのです。
でも 今回 腱のケアのセルフ講習に参加して ケアの実感・効果が違ったのです。
心は決まりました。
今 我が家の犬達に一番合うのはコレだっ

実際に自分が施術してもらっての実感 施術しての実感
papa や T にも 実験台になってもらっての実感 感想
大枚 はたいて 勉強する? どうする?
そう、タイミングは今しかない。

そして勉強が始まりました。

最初の数日がとても つらかった。
覚えることが山のように。
子供たちに勉強しろって怒鳴る時期が終わっていて良かった

でも 同じ机に向かう仲間たち8人は とても良い方ばかり。
励まされたり 励ましたり
関西から2名 わざわざ来ていました。
講師の方々も もちろん 素晴らしい方達ですよ

最後の一般応募のモデル犬への施術も 大変でしたが 精一杯ケアをさせてもらって
帰り際に喜んで頂けた声が聞こえたのが とても嬉しく思いました。

勉強を一通り終えて 自分の犬に必要な事以上のことが このケアで たくさんできる事が
わかりました。
もし 必要としている犬がいたら 私にも できる事があるかもしれない。

講座修了前に 得た技術を生かすように 後押しする言葉がありました。

その言葉を胸に、来月から OPEN するつもりです。

がんばろっと。

講習のたびに 週末二日間 缶詰だった Ken と Maco
途中から 面倒になった mama
大きいソフトケージに 2匹入れられて待機していました。
ご苦労様 mama あなた達の為にもがんばるよ
2014083101.jpg
あ、時々 実験台として papa や N T にもしてあげるか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。