馬犬子育て日記 part2

大好きな馬・犬と家族の日記
2015年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年10月
ARCHIVE ≫ 2015年10月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2015年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

仲良し?

この日は 牧場のみんながお出かけだったので 昼飼いを頼まれました。
公園でオビ練と小山散歩をしてから牧場に向かいます。

靴下を出すと 大喜びで遊ぶけど 返しに来てくれます
2015102813.jpg

オビ練をして小山へ
2015102801.jpg

ぼく ココから産まれました
2015102802.jpg

ここを下りるんだよ
2015102803.jpg

楽しそうな顔
2015102804.jpg

牧場へ
Maco は 周りの環境をよく意識する子です。
だから 定期的に牧場で 私から離れて放牧されても 落ち着いて過ごせる練習をしています。
Ken-G が良いお手本ですが、馬上から ジッと見ている姿を見ていると笑ってしまう。

これは以前撮ったアオちゃん
おねだり顔
2015102001.jpg

年を重ねてイケメンになってきた
2015102002.jpg

2015102003.jpg

Maco が気付いた
2015102004.jpg

クイックターンして逃げる
2015102005.jpg

しろちゃんを誘ってみた
2015102807.jpg

自分からクイックターンで逃げる
2015102808.jpg

ニューフェイスの女の子
2015102806.jpg

げっ あんたダレ?
2015102809.jpg

ここはね~
2015102812.jpg

落ちている物を拾ってあげるところなの
2015102810.jpg

オレは拾ってないぜ って絶対ウソ
2015102811.jpg
スポンサーサイト

東北ブロック

エクのハイスピードが終わって 家事を少しこなして 少し寝て 夕飯食べてシャワー浴びて
後は寝るのみ状態で 福島へ出発

真っ暗な会場の駐車場は 物がたくさん置いてあって どこに停めたらよいのやら???
しょうがないので 端に止めて就寝
翌朝 移動するために起こされて(アラーム間違えてあわせていて鳴らなかった)(^^ゞ
出店で皆と朝食

Maco ヒート中で 最終走
今回の目的は 思い切って走る!
大きな大会だと トロトロだと CR はできても 5位入賞に届かない
勇気を持って走るのだ!

で W失格でした~ 。゚(゚´Д`゚)゚。
失格即退場だった今回 ブロックはビギナーいらんかったんでは??
多分 予想より多い出陳数だったんでしょうね。

とりあえず どちらも最後の方まで行ったんだけど・・・

AG3 後は問題ないでしょうぐらいの ウォークも無事踏み 真横の障害に呼んだんだけど
体の向きが前の障害を意識させた(先生曰く)
早めに離れておいて 手を出していれば・・・だって。
そんなハンドリングしているミディアムいなかったんだよ。
みんなそこまで行ってれば帰ってきてた
わーん そういう所だけラージっぽいんだからぁ

AG3 失格したから成績表撮ってないや


JP3 この時は突風が吹いたり 雨が降ったり変な天気
スピードコースだったけど 最後にコマコマあるところを少しでも膨らませず跳ばせたい
スタート時 ヒートのシートが突風で吹き上がり 少しビビるMaco
慌てて前に行って足で踏んですぐスタート
こういういつもと違うことで惑わされる自分が情けない。
スラ後 次の障害を一瞬見失う。
何とか 戻るけど 最後のコマコマで 薄くしすぎて 押してしまい 逆とびさせてしまった。
本当に下手な私
この後は ヒート用シート釘で止めてもらえたそうです。ううっ

JP3


遅かったら 途中夜寝て 常陸海浜公園に寄って観光して帰ろうとしていたんだけど・・・
早く終わったので、先に上がらせてもらい 21時には家についていました。
なかなかうまくいきません。

エクストリームハイスピード決勝

トップスピードで障害を跳んで走る経験をさせる目的で 参加した今年度最後の地区大会で
繰り上がりトップで決勝に出ることになったラッキーガール

選手は 2人分のお弁当とお茶 駐車場も完備され 参加賞ももらえる VIP待遇
昔と違って優勝が現金というわけではないけど、他の比較的メジャーなドッグスポーツとは大違い。

ダンスで出場していた Kさん リードママとパパ イヴママ家族が応援に来てくれました。

初めての地区大会で 練習走行1回 有料走行2回 本番1回 走りました。

決勝大会では 練習走行1回と本番のみです。
ところが 同じ右回りのU字でも 少し角度が険しい様子

練習走行で カーブ曲がりきらず1つはずれて 次の障害から戻るという走行になってしまいました。
これで本番どうなるやら・・・??

ヒート中だった Maco
決勝大会は タイムの遅い順からの走行なので、Maco の直前が前年チャンピオンのハウンド系MIX
大盛り上がりで 最高タイムを出して走り終わった後 の Maco と私・・・やりにくーい
見ていると スタート送り出したら真横のゴールに向かうハンドラー ハンドリングなんて何もない
犬がこういうものだとしっかり認識しているのね~素晴らしい

で なんじゃこの犬って感じでアナウンスがあり Maco スタート位置へ 同時スタートは練習でイマイチ
だったので、待たせるつもりが 待たない Maco
で スタート すごく良い走り出し
その後 一直線に どこへ行くの~ あ、ジャッジのお兄さんのところへ
で、この人パパじゃなかった~と戻ってきたのはいいけど 少しだけパパが約束の指笛を吹いて
これまた一直線にハードルを跳ばずに走っていきました。
見ていた観客のおばちゃん大受けが映っていて笑える。
一生懸命 これにかけて練習しているワンコ達を差し置いて 何を期待していたのか?

でも 計6回目の走行では一番速く走っていたぞ!!

目的は達成したのだ よしとしよう

応援してくれたみんな ごめんね 肩透かしも甚だ激しく (´∀`*;)ゞ
アドバイス沢山くれた Oさん ありがとうございました。

動画を見ると 練習したら いいところいくんじゃないかなぁ なんて思うんだけど 微妙だ
また来年考えよ


クラブコンペ 2015年10月

お天気も良かった クラブコンペ
先生が帰国後したその週末なので サプライズもみんなで用意しました。
お昼休憩に用意したケーキ
2015101801.jpg

Kentaro AG1 元気に走ったけど まさかのスラ抜け でもこの日の課題は タッチだったので
それはバッチリできて 上出来


都下でのウォークのタッチが頭にあったせいで ウォークのタッチで誘うつもりでいたら わざと
じゃないのにボールが落ちて あれあれ・・・ リズムが変になって そのあとバックじゃないのにバック
やらなんやら・・・変なハンドリングになってしまった


Kentaro AG3 世界大会ラージ団体のコース
タッチだけしてくれればいいからと リードママにハンドリングをお願いしちゃった
Ken 大興奮 そういう時は勝手にコースを決める G
リードママを翻弄し、逆に神経使わせちゃった?
いいのいいの タッチが良くて 元気に楽しく走ってくれれば Ken-G 大満足


Maco AG3
Aフレームはタッチ&ゴーにしているけど 中途半端な出方をしたのでやり直し
そこから立ち位置が狂ってしまってトンネルへ送ってしまい、途中のフェイクエアーや
ウォークは良かったけど トンネル後 コマンドをかけ忘れて 横のバーでドボン
何回ドボンしたんだ?


Maco JP2
動画は途中からだけど スラが良かった
そして後半のスピード これが最初から欲しい


Maco JP3
最初 遅いかなと思っていたら スラの最後の数本シングルになって いつも出来てる事ができず
あわやトンネルドボン
その後 もう全く先行できず ドボンドボン
リズムが合わないって 困る ハンドラー対処できないのが困る


たくさんもらった写真 みなさんありがとう

オヤツのためなら オレやるぜ
20151018 ルモンド杯 寒川 010

勝手にやってます
20151018 ルモンド杯 寒川 012

これでタッチは大丈夫かな
20151018 ルモンド杯 寒川 017

こんなに楽しそうに走ってくれるなら まだ頑張ろうね 13歳半
20151018 (20)

レンガ角度を変えて2枚
20151018 ルモンド杯 寒川 1049

よく見てくれます
20151018 (4)

20151018 ルモンド杯 寒川 1051

VYq3gJ2V7BuNj72S6673NRQRIcij5tObBZxlJGZ5UFM.jpg

20151018 ルモンド杯 寒川 1057

20151018 (11)

20151018 (14)

20151018 ルモンド杯 寒川 1949

今回も新鮮なほうれん草 CR賞と入賞賞品メロンを美味しくいただきました。
2015101802.jpg

AWC2015 について思うこと

先生とコナンの AWC 2015 ボローニャ での活躍は鳥肌ものだった!!
コナンのレベルは 選考会から すごい勢いで上がったのは知っていたけど素晴らしかった。

都下でタッチミスをした私 帰国後 先生の団体AGのウォークのミスについて どう立て直したか聞いちゃった
先生曰く いつも一緒に練習している A先生が応援にいらしていて
「大丈夫 いつも通りで大丈夫 コナンを信じて」 のような事を仰ってくれたそうです。
参考になるのやら ならんのやら・・・ですが・・・

個人 JP 4位 それも 1、2位の Pavol 氏から 4位の先生までが 33秒台。 Lisa & Hoss が6位
AG CR していたら・・・誰もが思うことですが
来年も頑張ってもらいましょう!!
総合も1,2位を取った Pavol 氏 AGは3位と7位 かたかったですね。
ミニシェルもハンドリングしている Pavol さん
数年前 初代表でスタートに立った後逃げて終わったそのシェルちゃん いまやバリバリです。
Maco も化けないかしら・・・

ボローニャ大会のミディアム JP の表彰台を独占したピレ
JP で優勝候補達が まさかの失格の嵐だった
KIKI や エスメラルダの走り 楽しみにしていたのに~

ミディアム総合は とうとう シルビアとLe が取りました!
天国で La が喜んでいるね
JP はWii が優勝だし、去年お会いできたブリーダーSilke さん 大喜び。
その彼女が 直後に このようなコメントを出したんですよ (*^_^*)

”To all of you who ask for a Pyrshep now -
When you buy a pyrshep you get a pyrshep. Not a potential world champion. When you love this breed with all of its crazyness, when you are able to create a fantastic bond to your dogs, love them the way they are, see everything with them just as fun, train them every day (and no, I don´t talk about daily agility training!), have a sense for dogs as yourself were a dog and can run and handle like a world champion - then, but only then, you have a very small chance to become world champion one day. When you are eager to get an agility champion - you will fail.
To get an exceptional "agility" dog you must be an exceptional trainer. Please think about this before you all run to pyrsheps now - it wouldn´t be fair to your dog otherwise.”

この言葉は 世界中のこの犬種のトップブリーダーやトップトレーナー達がシェアしました。

まぁ こんなことを書かなくても Maco 見てれば どんなに良い気質の能力のある犬でも
やっぱり人次第って とてもよく理解されるに決まっていますけどね (笑)

私的には 子犬の時に うまくトップスピードで常に走る環境を作ってあげれなかったので
できる所は これからも練習していくつもりだけど 全く同じようにはできないと思いました。
今教えていただいている 先生のハンドリングが世界のトップに通用するとの認識があるので
もっと Maco のメンタルを上手くコントロールして それを 先生のようにハンドリングできれば
一歩半歩でも上にいける可能性があると思っています。
ハンドリングがね~下手なんだよね~
でも老化防止になるから頑張ろ

2015102101.jpg






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。