馬犬子育て日記 part2

大好きな馬・犬と家族の日記
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 血液検査TOPHealth ≫ 血液検査

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

血液検査

12/21 (1歳8ヶ月)
ST連合の時 東大の方が来ていて サンプル用に雌犬の血液を採取していました。
無料で血液検査ができて結果を知らせてくれるというのでホイホイ受けたのでした。
結果的に これが大変な騒ぎになる。

機械によって正常値が違うそうですが・・・経過を載せると

その日の夜結果がメールで送られてきました。

【腎臓】BUN32.5 (9.2-29.2)Cre1.8 (0.4-1.4)
【肝臓】ALP80 (47-254),ALT238 (17-78)
【炎症】CRP<0.3 (<0.7)

念のためかかりつけの先生に相談してくださいとコメント付きだったのでビックリ。
少し調べて ストレスかなぁ まだ成長中だからかなぁ とか思うようにしていました。

そして年末年始をはさんで かかりつけ医 M病院にて
どうせなので今できる検査を全部お願いしたらお泊りになってしまった。

1/16(木)1歳9ヶ月 血液検査2回目
【腎臓】BUN25(10-28), Cre0.2 (0.0-1.0)
【肝臓】AST118(0-50), ALT1286(17-58), GGT16(0-7)
【炎症】CRP1.15 (<1.0)

先生も私もビックリの値に跳ね上がっていました。
でもエコーもレントゲンも肝臓 門脈 その他の臓器も異常は見つからなかった。

原因を知るのに一番確かな方法は 肝生検しかないと言われて真っ青。
この段階で 先生が原因を特定できないということ。

ストレスやご飯の事は先生の頭の中にはまったくないようだった。

とにかく一度落ち着いて考えてみたいと伝えて帰宅。
処方薬 ウルデナシン、コルヒチン 2週間分

お腹を切ることはなるべく避けたいけど 急を要する状態だとしたら?

悩んだ挙句 こういう時 頼りになる義弟(元医者)に相談。
彼に検査結果を伝えたけど、やはりはっきり診断しにくい様子。

肝臓に負担をかけないことを考えて この日から夜ご飯の生肉を中止
サプリも余分なオヤツも全部中止にして単純なフードのみに。

翌日 彼が信頼する平塚のY動物病院のS先生と話してくれて週末明けに
伺うことにしました。
S先生の勧めで 薬はウルデナシンのみに(M病院には内緒)

セカンドオピニオン Y動物病院 S先生
1/20(月)
前回のM病院の血液検査の結果から この組み合わせだと 肝臓の機能は正常に働いている
腎臓も問題ない
この組み合わせだと肝機能の解毒の方に問題がある
その場合は、肝臓に腫瘍が一番考えられる数値だがこの若さで殆どあり得ない
元気で食欲もある

丁寧に丁寧に絞り込んでいって(まるで「Dr.HOUSE」)

そして血液検査をすると3日前よりALTが下がっていた
まだ高いけど下がっているということは もう少し様子を見て大丈夫でしょうと言われてホッ。

血液検査3回目
【腎臓】BUN25(10-28), Cre0.9 (0.0-1.0)
【肝臓】AST32(10-32), ALT672(17-58), GGT13(0-10)
【炎症】CRP0.2(<1.0)

S先生と相談して2週間後の結果が良くなかったら 肝生検せずに S先生の所でCTを
することにしました。切るより全身麻酔のほうがマシです。

尿に潜血反応あり これはもうすぐヒートだからかなと。
次の日からやっぱりヒートが始まりました。

そして4回目の血液検査
最初から心配げな M病院の院長先生
「大学の先生とも肝生検した方がいいかなと話していたんです。」
から言葉が始まって ひぃ~

【腎臓】BUN23(7-27), Cre1.2 (0.5-1.8)
【肝臓】AST45(0-50), ALT172(10-100), GGT14(0-7)
【炎症】CRP0.15 (<1.0)

で結果を見て 先生あれ??
私は嬉しさ隠し切れず 切らなくて良さそうですよね。と言ってしまいましたが
まだ正常値より高いのは確かなので もう2週間後に再検査。

絶対下げてやるぞぅ

S先生にも連絡したら 生検必要ないよ と太鼓判 
今開けても原因はわからないだろう。
多分何かウィルスか寄生虫や何かの毒素が入って急性の肝炎になったんだろうと。

12月中旬に 初めてエゾシカ(野生の)生食を始めていました。
調べると野生の鹿やイノシシの生食でE型肝炎ウィルスが見られる事があるようです。
潜伏期間や症状からいってピッタリ合うので 私的にはその可能性もないとは言えない
と思っています。

もしくは Maco に鹿肉は合わなくて 肝臓の数値が上がったのかもしれません。

E型肝炎 一過性の感染。 キャリア化することはない。 治癒後に終生免疫が成立
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2003/08/h0819-2a.html

あの時 あのタイミングで検査していなかったら与え続けていたでしょう。
もちろん 原因は特定できていませんが これで改善されたら食事のせいです。

Maco につらい思いをさせてしまった。

相談にのってもらった Iさん Api&Rokok家 お騒がせしました。
Maco 元気です。

少しホッとしたら Ken の左脚太股に出来ていたイボがつぶれたみたいで
そのカサブタが取れ 大きなニキビクレーターみたいになっていて 一緒に診察
こちらは抗生剤1週間。
最近 ソファや色々な所に飛び乗る時に失敗することがあり、時々躊躇するように
なった Kentaro
3月にパフォーマンスに落としてあげたほうが良いかもしれません。

【追記】
 鹿肉 とても良い物だと思います。
 火を通せばウィルス、寄生虫問題ないそうです。
スポンサーサイト

Comment

一安心
編集
ウルソはmacoたんが嫌がらなければ そのまま飲んでもOKです
コルヒチンはさっさと捨てましょう
AST, ALT共に低下しているので 次の血液検査で正常範囲に戻る可能性が大きいです
何をどれくらい食べたか をチェックしておいて下さい
2014年02月01日(Sat) 19:34
Re: 一安心
編集
Apipapa お世話になりました。

ウルソ maco かじって食べてます ^^;
ご飯 あのタイミングでやめて良かったです。

S先生 もう少し近かったらなぁ

本当に有難うございました。Tセンセっ(^_-)

2014年02月02日(Sun) 09:51
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年02月02日(Sun) 18:04
Re: よかった
編集
実家ママさん

本当にご心配おかけしました。

本当に鹿肉のせいだったか確信できませんが 怖くてもうあげれません。
良かれと思って 心臓や肝臓まで取り寄せたのですが全部処分です。
鮮度抜群だったのですが・・・

逆にフードのみにして 気のせいか体が大きくなってきた?毛が伸びた?
ような気がします。

Maco ヘモグロビン濃度高いので 瀉血した方がなんて義弟に言われた
事もあるので 採血 逆に良かったりして。
ガタガタ震えていますが、大人しく採血されてます。

うちの papa によれば アスリートは高地トレーニングでわざと上げたり
するそうです。
S先生も運動能力が高い子なんだねと仰っていました。
こちらは標準値内なので、アスリート向きの体という解釈になっています。

マディパパ 早く良くなりますように。
辛い症状がなければ良いのですが。

E先生の仰る通りですね。
Maco 元々 怖いと私の所に逃げ込んでくるので(TT2受験の時のようにi-229
実家で良い気質を刷り込まれて来てくれているのだと思いますよ!
そういう意味では ピレにしては私 楽させて頂いています i-278
2014年02月03日(Mon) 00:45
編集
ひと安心、ホッとしています!
2014年02月04日(Tue) 17:08
Re: タイトルなし
編集
OTOさん
ご心配おかけしました。
Maco とても元気です。
2014年02月04日(Tue) 22:58












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。