馬犬子育て日記 part2

大好きな馬・犬と家族の日記
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ ルクセンブルク旅行記 帰国・番外編TOPアジリティ ≫ ルクセンブルク旅行記 帰国・番外編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ルクセンブルク旅行記 帰国・番外編

犬以外の写真を

Dudelange の町写真
19 - 44

結局 毎回 目の前を通るだけの教会
日曜日は なかなか賑やかな感じでした
19 - 41

19 - 28

市庁舎前の広場 お店が色々 それにしても人はあまり見かけない
19 - 27

自転車やさん
19 - 17

自転車やさんの前のオブジェ
19 - 12 (1)

19 - 11

19 - 11 (1)

19 - 10

宿泊したホテル
19 - 12

広くないけど シンプルでキレイでした
19 - 52

会場の d'Couque は国立競技場 本当に素晴らしい施設でした
先生たちに言わせると 今までの所に比べ、ここは本当に良い環境だそうです
隣接する建物はプールと他の競技用の体育館
プール横のビュッフェからパチリ (残念なことにここのビュッフェのご飯はイマイチ)
14 - 11(1)

高飛び込みもあるけど 子供たちが着ている水着がお遊び用で気になる私
プールは土日でもガラガラです
14 - 10

施設奥にキャンプ場があるので そこにキャンピングカーなどで犬連れで
見に来ている人もたくさんいたようです。
会場の裏の美しい公園 ここで競技犬達も応援犬達も たくさん遊んでいました。
Ken Maco 連れて遊びたかったなぁ
19 - 35

会場とホテルまでの道にアジのクラブと乗馬クラブとハフリンガーの牧場がありました
クラブでは一度 シャイヤーか?という程の重種の馬でレッスン中の子供をチラリ
ハフリンガー牧場は 車内からなので ブレブレ
19 - 25

ガソリンスタンド ここでハプニング
ワーゲン君の給油口が開かず 苦労する先生とアリスママ
隣の出勤前の紳士が手伝ってくれるも 失敗
後のトラックの運転手さんが手伝ってくれて やっとこさ 開きました
彼ら二人とも大苦戦。当たり前じゃなかったみたい
ワーゲンそこら中で走ってるけど これだけ特殊だったのか?
ありがとう! ルクセンブルクの優しい人達
ガソリンスタンドは 高速の出入り口のように 給油場所から前に移動して支払い
というシステムでした。
19 - 9
そういえば、d'Coque の駐車場でも払ったのにバーが上がらないというハプニングが
ありました。
こういうハプニングの度に後部座席3人シーン 先生とアリスママが奮闘

ルクセンブルク空港にて Ausria 代表の ミニピン Nellyちゃん
19 - 8

スキポール空港で最後のお土産漁り

ウナギ 買ってませんけどね
19 - 6

チーズの棚 空港だからこれぐらいだけど スーパーはすごい種類だった
19 - 5

友達に見せたら シンガポールの空港にもあったという 巨大チュッパチャップス
19 - 4 (1)

かっこいい マリノワと警備の人
成田では もっさーと いや 一生懸命の ラブちゃん2匹働いていました。
U先生が無罪なのに 犬にしつこく嗅がれてつかまって大変だった話をしてくれました。
成田でもドキドキ?
19 - 3


今回 私の おのぼりさんツアーが無事過ごせたのは K先生とアリスママのお陰
お世話になりました。
こんな私でも十分過ぎるぐらい楽しめたので、みなさん 是非チャンスがあったら行きましょう!

ホテルや車内 Nスクールの明るい2人が素適な人達で本当に良かった
日本チームでは A先生とお話ができて とても為になりました。
A先生が 苦労してヨーロッパに何度も足を運び 築いてきた努力が 少しずつ
身になっているのを教えて頂いてとても参考になりました。尊敬します。

同様に 日本のピレの礎を作ってきた I さんとご主人のアドバイスを頂いたお陰で
たくさんの方達と交流ができました。犬名刺 とても役に立ちましたよ。
滞在中も リアルタイムに 情報をいただいたお陰で こんな短い間に 犬つながりの
話ができたのも I さん そして ヴァロママ、風ママのお陰

そして先生の通訳兼ツアコンのはずが 私と一緒にウロウロさせてしまって 疲労倍増
させてしまったアリスママ 本当にありがとう

ダンスがんばったから許してね
なんて しっかり楽しみましたけど
その姿 JAM さんに 撮られなくてホッとしています。
来年以降は 狙われますからね

帰るという意識が向くと 大事なわが子たちに早く会いたくなるもので
帰国後 荷物を自宅に置いたら その足で静岡の Api & Rokok 家に迎えに行きました。
Maco がヒートになってしまったのと ちょうど 忙しい週で迷惑をかけてしまったようですが
FBで リアルタイムに元気な様子を見せてくれて とても安心できました。

この話にはオチがあって 時差ぼけが心配な私 部活が OFFで帰っていた Tを
念の為に 同行させました。
行き 初心者運転で ギャーギャーわめいていた T
帰りは暗くなったので、私が運転の予定でしたが その運転が怪しくなってきたらしく
自ら運転を替わってくれました。
この後 意識が飛んだ私
たまには役に立つじゃん T

ただいま My Home
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。