馬犬子育て日記 part2

大好きな馬・犬と家族の日記
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 問題行動TOPMaco ≫ 問題行動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

問題行動

他の犬にお散歩中見かけるとウニャウニャ言いながら 興奮して突進する Maco

Kenの場合は、1歳ぐらいから縄張り意識やマーキングが激しくなって
オス犬には要注意の行動を取り出し、ヒート中の犬の匂いへの反応も激しかった。
テリア気質でまた輪をかけたように大変でした。
繁殖の予定は全くなかったので、2歳すぎて去勢 そしてオビ
年齢と経験もあって今はこちらが気をつけていれば問題行動は回避できます。

Maco については早く対処したいこともあり
あるセッションを受けてきました。

人が関与するのではなく、ティーチングドッグと言われる経験豊富な犬との
関係からその犬の問題行動や感情を観察します。
それはとても面白いものでした。 
お相手は、大型犬の老犬と若犬の2匹

最初から4匹フリーに

Maco はいつも通りで その後若い子を誘って追いかけっこ開始。
終始追われる側。
疲れ果ててもずっと動いているので、エンドレスになってしまいます。
「止まれば終わるのにね。」と言われて 理解するまで随分走りました。
時々 おばあちゃん犬に寄ると これ以上は寄っちゃダメと忠告されて
お腹を出します。
Kenとその子は老犬らしく、マイペースにゆっくり周りを探索したり
休んだり。

結局 Maco の様子は彼女のブログから抜粋すると

******************************************

お会いしたかわいらしい犬女子もそのヒトリ。
道で同族に合うと、声をあげて行きたがるそうです。

なんだか、犬語が少し変?

まだ若いとうこともありますが、…いきなり突進する
そのボディ・ランゲージは、恐怖、嫌悪、過度の服従、興奮と、犬語が入り混じっています。

よく見ると、尻尾も下がります。

腰も引けてます。

耳も引けてますし、口角も強く後ろへひかれます。

そう、このようなボディ・ランゲージを使う犬は、好きで同族によりたがるわけではなく
自分の身の安全のために相手を知ろうと、または自分を知ってもらおうとしているだけ
なのかもしれません。

そして、相手が受け入れてくれれば安心するし、受け入れてもらえないと不安が募ります。
自分より弱そうだと思うと、とたんに態度を変えたりしもます。

でも、毎回、挨拶させることはできないし、人間だって、出会う人全部に愛相を振りまく
わけでもないし、友だち申請するわけではありませんよね。

欲求を満たしてあげればいいという問題ではなく、見も知らぬ犬はスルーしていいと
教えていく方がその犬のためにも、ストレスを軽減するためにもいいことなんですよ。

もし、自分の犬がこのような状態でしたら、まずは、興奮しない十分な距離を確保し
相手を凝視する前に視線外す意味で、Uターンをしたり、極力、他犬に至近距離で出会わないようにします。

遠くに見えている犬を興奮せずに、ちら観ができるように環境をコントロールしてあげる
ようにします。

面白いことに、この同族を観ると、やたら興奮し近づきたがり、いざ、至近距離になると
恐怖とも怯えともつかない犬語を話しだす犬の多くが、犬との遊びをたくさん経験していたりします。

もしかしたら、犬との遊びの中で行きすぎた相手の行為を見過ごされたり、もう遊びたく
なかったけど逃げ切れなかったりしたかもしれません。

小さなシグナルを見落とすと、やがて、犬は大声で(オーバーアクション)で、話さなければ
ならなくなります。

そして、自分の知っている犬語の全部を使って話さなければならない事態に陥っいて、
おかしな犬語を使い、相手をギョッとさせてしまっているのかもしれませんね。

犬同士の社会化は、慎重に相手を選ばないと、かえって犬にストレスを与える場合もあるのです。

犬を観ると興奮しやすい犬になってしまったら、思いきって、同族との付き合いをしばらく
やめてみて、ユルユルなお散歩を楽しんでみてくださいね。

****************************************************

彼女には、オビでコントロールするか?沢山犬に会わせて慣らすか?その他?
Maco にとってはどの方法がよいのかと相談しました。

会わせる犬は選んで、落ち着いた経験豊富な老犬(Kenのわずかな友達とか)
こちらのことを理解してくれている人にして

まだ難しいユルユル散歩をするようにしたいと思います。
10年かかるかも。

もう一つの問題行動

私とKentaro がお散歩に行くと起こる現象らしい
だから私は見たことがない。

そこで ある日 Nが証拠動画を撮影

この動画を Maco に見せたら同じ事をしたので慌てて止めた  もしもし お譲さぁん
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。